むし歯をきれいに修復するために

むし歯をきれいに修復するために

歯を失うもうひとつの原因のむし歯は、歯に合った治療をおこなわないと、歯肉などの歯の周辺組織に負担がかかってしまうことがあります。
歯肉を健康に保つためには、歯にぴったりとあった詰め物・被せ物をつくることが大切です。最近は、自然な白さで、強度も強い詰め物や被せ物の材料が開発されていますので、治療の際に歯科医師に相談されることをおすすめいたします。

白いセラミックを使った歯科治療

奥歯のむし歯治療で大きく歯を削った場合、保険治療では金属の詰め物・被せ物を使います。
金属の詰め物・被せ物は丈夫で安価というメリットがありますが、笑った時に金属が見えたり、金属アレルギーをお持ちの方には適さない等のデメリットもあります。
自費診療になりますが、白いセラミックで詰め物・被せ物をお作りすることができます。セラミックは天然歯とのなじみがよく審美性に優れ、歯垢など汚れが付きにくいのが特徴です。また、透明感があり、変色もしないため、天然の歯に近い質感を再現することもできますので、ご自分の歯と同じ色合いにすることができます。

左の写真をご覧ください。

一見普通の歯のように見えますが、実は矢印をつけた歯はセラミックのかぶせ物です。オールセラミックを使えば、天然の歯とほとんど見分けがつきません。
セラミックの種類や詳しい治療内容については、歯科医師にご相談ください。

セラミック治療例1:オールセラミックのかぶせ物

治療前

治療後

4本の歯をオールセラミックで治療しました。金属を使用しないオールセラミックは透明感があり、また歯茎との境が黒くなることもありませんので、最も天然の歯に近付けることができます。

セラミック治療例2:金属の土台を使ったセラミックのかぶせ物

治療前

治療後

金属の土台を使った被せ物を、オールセラミックの被せ物に取り替えました。矢印をつけた5本が、治療した歯です。自然な仕上がりで、下の歯と比べても見分けがつきません。

セラミックの被せ物はカラーバリエーションが豊富ですので、患者様ご自身の歯の色に近付けることが可能です。また治療前のようにぴったりと不自然に揃えるのではなく、天然の歯のような個性を施したことにより、より自然な歯並びに仕上げることができました。
セラミックの被せ物なら、歯肉が黒ずんでくる心配もありません。セラミック治療で、明るく自然な笑顔を取り戻してみませんか?