床矯正

床矯正

床矯正は原則として歯を抜かずに顎を広げて歯を並べる矯正治療です。で歯を動かしたり顎を拡大して歯並びを整えます。
顎が小さく歯が並びきれない状態から、お子さんの成長する力を利用し床矯正装置を使って顎の成長を促して歯並びを整えます。
床矯正装置はプラスチック製の入れ歯に似た取り外し可能な装置でプラスチック部分に埋め込んだバネやネジを調節して使用します。
主に乳歯や、乳歯と永久歯の混在した混合歯列期の治療に用いられ、大体6~7歳からが対象です。
一般的な矯正治療が歯を抜いてスペースを確保して歯並びやかみ合わせを整えるのに対して原則として歯を抜かずに矯正を行うことができます。
また、取り外しが可能なため固定式の矯正装置使用の場合と比べ、むし歯になりにくいという利点もあります。
ガタガタの歯並びや上の歯が出ている、下あごが出ている、などが対象です。

※すべてのお子さんが適応可ではありません。状態などにより適応できないことがあります。まずは矯正医の診断を受けていただきご相談ください。

床矯正装置

床矯正装置